キャップを取った歯磨き粉

インプラント治療をはじめて受けるという人は、治療の成功率が気になるところではないでしょうか。古いデータにはなりますが、1990年に行われた報告によるとインプラントの成功率は5年成功率が上あごで89パーセント、下あごで97パーセント、10年成功率では上あごで81パーセント、下あごで95パーセント、15年成功率では上あごで79パーセント、下あごで88パーセントとなっています。現在ではこの数値よりもあがっていることは間違いないでしょう。上あごのほうが成功率が低いのはあごの骨の密度が関係しています。上あごのほうが密度が低く骨が柔らかいため、抜けてしまう場合が多いのです。これらは平均的なデータのため、歯科医師や患者の因子によって変わってくることはいうまでもありません。

インプラントの成功率と喫煙には大きな関係があります。ヘビースモーカーで喫煙をやめることが出来ない場合には基本的にインプラントの適応とはなりません。その理由は喫煙を行うと血管が急激に収縮し、血流が悪くなってしまうからです。そのため、人工歯根とあごの骨とが十分に結合することが出来なくなり、インプラントが抜け落ちる原因となってしまうのです。また、喫煙をすると歯周病になりやすいことがわかっています。インプラントは歯周病に非常に弱い治療です。歯周病があると周囲炎が起こり、ひどい場合には骨の内部まで細菌が侵入し、人工歯根を抜かなければならない場合もあります。成功率を上げるためには可能な限りの禁煙や減煙が必要なのです。